医療機関との連携

Pocket

高次脳機能障害には、精神的な症状も多いものです。それらの症状は人によっても細かい部分で異なり、本人にとっても理解不能で耐えがたい瞬間が多いものです。医師に状況を説明しようとしても、うまく伝えられないもどかしさを感じることがあるかもしれません。医師にも個性がありますから、患者の訴えを汲み取りきれないときもあるのです。そのようなとき、信頼できる弁護士に相談をしていると、医師との間に立ってサポートしてもらうことが可能です。

高次脳機能障害に限らず、交通事故の後遺障害等級認定までには、医療機関との連携が必要です。通院や治療を行ったという実績を示す書類が必要ですし、医師による診断書も必要です。特に診断書は、等級認定を大きく左右する書類ですから、見落としや漏れは許されません。ところが実際には、後遺障害の見落としや漏れが多いのです。原因は、患者が医師にうまく状況を訴えられなかったということにもあります。患者が悪いというわけではなく、体調や精神状態を完璧に他人に伝えきるのは難しいこと。健常な状態ではないときに、全てを伝えようとしても無理が出てきます。そのサポートを的確に行ってくれるのが、弁護士なのです。