交通事故の高次脳機能障害

Pocket

交通事故の後遺障害として、高次脳機能障害になることがあります。事故当時には頭部外傷を負い、あとに精神症状などが現れる機能障害です。見た目には事故の被害に遭ったことがわからない状態になっても、精神症状がいつ出るかわからない人もいます。しかし、後遺障害として等級認定を受けるためには、客観的な書類を示すことが必要です。診断書や画像書類などが主なところですが、これらを有効に申請するためには、専門的な知識を持つ弁護士のサポートがモノをいいます。

高次脳機能障害は、1級の後遺障害等級と認定されることもある後遺障害です。そうなれば、慰謝料や損害賠償金にも大きな差が出てきます。ときには、低い等級認定から、より上位な等級が併合認定されることもあります。どのような方法で上位の等級認定を取得できたのかといえば、弁護士の力が支えになっていたことが多いのです。医師による後遺障害の見落としや漏れを弁護士が発見し、保険会社に異議申し立てを行うことは珍しくありません。専門的な知識がある弁護士だからこそ、行えることです。

診断の見落としや診断書の漏れなども、少なくありません。早い段階で弁護士に相談をしておくと、このような問題は起こりにくくなります。ときには、病院に付き添って、医師に症状の説明を代理してくれるなどの役割を果たすこともある弁護士。何かと頼りになってくれる存在は、あらゆる面で被害者をサポートしてくれるはずです。